香典袋の種類と違いについて

お葬式に出席する場合、必ず用意しなければいけないものは香典袋です。ですがこの香典袋には御香典、御霊前、御仏前と3種類存在します。一体これらの違いはなんなのかと疑問に思う人も多い事でしょう。
御香典とは故人へ備える花や線香代などのお供え物を意味します。同じく、御霊前は霊となった故人への金品の供え物。御仏前は成仏し仏様となった故人への金品の供え物をそれぞれ意味します。また御香典は御霊前と御仏前も含んだ包括的な言い方でもあります。このように、3つの香典袋は広域的にはほぼ同じ意味なのですが、宗教や宗派によって使い分けるようになっています。
仏教では、葬儀の際は御霊前を使い、四十九日法要を過ぎ、故人が仏様となった後には御仏前を使用するのが一般的です。ですがこれには例外もあり、浄土真宗などの真宗では、人は亡くなったらすぐに成仏し、仏様になるという教えがある為、葬儀の時から御仏前を使用します。
神道では、そもそも成仏して仏様になるという概念ではないので、御仏前は使いません。神道の場合は御霊前を使用するといいでしょう。ですが蓮の花は仏教の思想に基づくものなので、蓮の花が印刷されている物の使用は避けましょう。
ですが、他所の家の宗教・宗派がどこなのか分からない場合も多いと思います。その場合は御霊前にも御仏前にも使える御香典を使うのが無難です。
厳粛な葬儀の席で失礼がないよう、葬儀の1つのマナーとして香典袋についての知識も覚えておくといいでしょう。