最近、注目の家族葬について

時代の流れと共にお葬式のスタイルにも変化が出てきています。
以前なら、会社関係や近所、知人などの大勢の人と一緒に故人をおみおくりするスタイルが主流でしたが、最近では、個人のごく親しい人達だけでおみおくりする「家族葬」が注目されています。
家族葬のメリットは、様々ですが、一番大きいのは、故人との最期の時間を大切に過ごせることです。
通常の葬式のスタイルですと、どうしても、喪主や家族の方は、参列される方や、近所の方への配慮や対応で慌ただしくなりがちです。
しかし、家族葬なら、身内やごく親しい人の見ですので、こういった気遣いをすることなくゆっくりとした時を過ごすことが出来ます。
他にも、費用面での削減があります。
少人数でのお葬式になるため、お料理や返礼品などのおもてなし費用が軽減できます。
斎場に関しても、小規模な会場を使用するので経済的です。
総合的に見ても、一般的なお葬式に比べ3分の1程度の出費に抑えることが出来ます。
しかし、デメリットもあります。
後から、事情を知った弔問客が線香だけでもあげたいと自宅を訪ねてくることもあるからです。
こういった方々の対応に追われることは致し方ありません。
ですが、近年では家族葬は「新しい葬式」の形として定着しつつあります。