結局はお葬式は人それぞれ

お葬式をあげたい人もお葬式をあげたくない人もそれぞれです。人によって違いますし
違っていいと思います。故人のために行う場合も社会的に行う場合も、あります。
こういったときにご遺族様の意思を尊重する場合が多いです。
最終的に故人様の生前の意見と、ご遺族様で「お葬式をやってよかった」と皆が思え、納得しあるようなお葬式が理想的ではないかと思います。お葬式で故人様が仲良くしていた人に話しを聞くと、多くの故人様を慕う人たちに色んな話を聞くことでしょう。そういったことで自分の知らなかったことを聞けたりします。その時間を必要とする人も居るでしょうし必要としない人も居ます。きちんとお葬式をあげることで自分自身の気持ちに整理がついたり、
お葬式で集まったことで家族や親族でつながりが強くなったり、こういったことで命のはかなさや命の重さを学ぶこともあると思います。こういった意味ではお葬式の意味は本当にそれぞれです。日本の人は世界でも優しい人、まじめな人と思われていますが、こういった葬儀での文化も見られて言われていることもあると思います。こういった日本人の宗教観が文化のマナーとして出ているのかもしれません。どんどん社会的宗教観が失われていくとこういった日本人のよさがなくなってしまうのではないかと 不安になる面もあります。