ゆっくりと「お別れ」ができる家族葬

今までに妻の両親、私の祖母、父と四回の葬儀を経験してきました。そんな経験から思う事は、「やはり葬儀は家族葬がいい」という事でした。
初めて経験した義父の葬儀は、親類縁者が多かったのでたくさんの方が来られる葬儀となりました。初めて葬儀社といろいろな打ち合わせをしましたが、こっちは初めての事ばかりでわからぬことだらけ。しかし「たくさんの親類の方々に失礼があってはいけない」と、一つ一つ親類縁者の人たちと相談をしながら進めていきました。
結局、葬儀は無事に終わりましたが、ゆっくりお別れをしたという感じが全くなく、「やっと終わった」と言うのが正直なところでした。
私の祖母の葬儀からは「家族葬」という事で、もう親類縁者や知り合いを呼ばずに家族と本当に仲の良かった人だけで葬儀を行いました。
お通夜も告別式も「来ていただいた人」に対応する必要もないというのは、本当にゆっくり「お別れの時間」を過ごすことができるのだという事を初めて知りました。
お通夜でもお坊さんが帰った後は家族と知り合いだけで「お寿司」でも食べながらゆっくり話をし、何度も故人の顔を見に行って話しかけることもできました。
私の父は小学校の校長をしており、その前には教育委員会にもいたような「えらい人」だったので、もしきちんとした葬儀をしたら、たくさんの人が来られるような葬儀になったと思います。
しかし、その時も母と相談して「家族葬」という事で進めました。なので通夜の夜も、母と一緒にゆっくり話をしながら一晩父のそばで過ごすことが出来ました。
忙しくすることで「悲しみ」を忘れるというのも葬儀の一つの利点なのかもしれません。しかし、家族にとっては、ゆっくり時間をかけて「別れるのだ」という事を実感していく機会が必要だと思います。あれこれ話をしたり泣いたり、全然別の話をして盛り上がったり、個人の思い出話をしたり・・・。そんなゆったりと流れる時間が「別れ」には必要なのだと「家族葬」をしてみて思いました。

葬儀会社の選び方

お葬式をあげる時には、葬儀会社を選択することになります。
葬儀会社の選び方に気を付けることで、満足できる葬儀をあげることができるようになるため、選び方にも注意してみるとよいです。
まず、葬儀会社を選ぶときには、費用面を重視してくれる会社であるのか確認してからお願いしてみるとよいでしょう。
大掛かりな葬儀を出すことで、多くの方を呼ぶことができますが、費用が足りなくなってしまうと後から大きな負担となってしまうのです。
式を行う時には、費用を伝えていくことになりますが、その費用に見合った葬儀を考えてくれる会社であれば、利用したときの金銭的な負担も軽く済ませられるようになるのです。
また、どのような葬儀を行いたいのか、その希望を聞いてくれる葬儀社であれば家族の方も満足することができます。
故人の希望する式の形があった時に、その要望を聞いたうえで式のイメージを考えてもらうことで、みんなが満足できる葬儀を行えるようになるのです。
お金の面だけではなく、家族や故人が思い描いていた葬儀を形にしてもらえる葬儀会社であれば、安心して任せることができるでしょう。
葬儀会社を選ぶときには、金銭面とイメージにこだわって会社を選ぶとよいです。

満足のいく葬儀ができました

長年施設で暮らしていた実母が誤嚥性肺炎で亡くなりました。
母は、生前から「お葬式はしないで、骨は庭に撒いて欲しい」と言っていました。
母の手帖にも「葬式不要」と書かれていて、葬儀費用が掛かることへの気兼ねが感じられました。
親族で相談した結果、家族葬で母を送り出そうということにしました。
病院で葬儀屋を紹介しましょうかと言われましたが、互助会に入っていた業者があったので、そちらに頼みました。打ち合わせで、家族葬といえども費用が安くなるわけでないことを知りました。
参列者がいない分、葬儀費用が割高になってしまうとのことで、当初300万円ほどの見積もりになりました。
その後、花を減らしたり、豪華な部分を抑えめに変更したりして、200万円のプランになりました。
でもやってよかったと思っています。
事前に互助会に入っていたので、会員価格で割引になったのもありがたかったです。
それに、当日までにプロの手がいろいろと入って、こちらも心穏やかに送ってあげることができました。
お坊さんへの支払いも妥当な金額で、満足できました。
葬儀の日は記録的な大雪で、交通機関が大きく乱れていました。
葬儀会社の方が親身になってお世話をしてくれて、とても助かりました。

楽しかった葬儀

夫の兄が、手術を予定していた前日に亡くなりました。夫とは18歳も年齢が離れていましたが、その差を感じさせないユーモアにあふれた楽しい兄でした。満76歳でした。
子供のころに、優しく楽しく遊んでもらった娘も葬儀に同行しました。他の甥・姪も全員参列していました。
兄は妻帯せず、独り身でした。夫や他の兄弟と口論や取っ組み合いの喧嘩をすることもありましたが、それでもいつの間にか楽しく行き来する、仲の良い不思議でうらやましい関係でした。そんな兄弟たちは兄が息を引き取ったとき、男泣きで悲しみに沈んでいました。
葬儀ですが僧侶はお願いせず家族葬で行いました。
納骨は市内の宗派を問わない納骨堂に永代供養していただく予定にしています。そちらにはすでに両親も永代供養していただいています。
戒名もありませんでしたが仏式で行いました。葬儀場の女性の方が一名担当としていらっしゃいました。ベテランらしく丁寧に対応してくださり、とても好感がもてました。
葬儀は、兄が楽しく優しい人柄でしたので、湿っぽくはしたくないとの思いで全員一致しました。楽しく送りたいとのことでひんしゅくを買いそうなほどにぎやかで笑いの絶えない葬儀となりました。担当の女性の方が苦笑するほど笑い声があふれていました。
優しかった兄の棺には、あふれんばかりの花が手向けられました。兄弟の笑顔に見送られて、兄は旅立ちました。

葬儀費用について

先月末に父親を亡くし、葬儀屋さんを利用したので大体の費用はわかりました。宗派は禅宗でしたので、曹洞宗の儀式にしたがって行われました。お坊さんのお布施は葬儀屋さんとは直接関係がないので、別途準備しなければなりません。戒名をつけてもらうのとお経を2日間詠んでもらしますが、初七日も告別式の時にしてもらいます。相場は50万円ほどですが、戒名により値段が変わります。祭壇は一般に規模がおおきいほど値段があがり、棺は材質や飾りにより種類がわかれます。花輪代が葬儀屋さんの収入に結び付きやすいので多くを求めてきますが、10個もそろえば見栄えがあります。お通夜や精進料理は人数や内容により値段が大きく変わるところです。故人の交友関係や会社の地位により大体の参列者を予測できますが、当日に増やすことはできるので少なめにしておいても良いです。式場はホールの大きさにより値段がかわります。火葬場と一緒になっていると移動が楽になります。香典返しはあらかじめ準備しておいても、四十九日明けでもどちらでもかまいません。
今回父親でかかった葬儀費用は葬儀屋さんには約¥100万円、式場関係には30万円、お坊さんにが50万円と合わせて180万円になりました。

結局はお葬式は人それぞれ

お葬式をあげたい人もお葬式をあげたくない人もそれぞれです。人によって違いますし
違っていいと思います。故人のために行う場合も社会的に行う場合も、あります。
こういったときにご遺族様の意思を尊重する場合が多いです。
最終的に故人様の生前の意見と、ご遺族様で「お葬式をやってよかった」と皆が思え、納得しあるようなお葬式が理想的ではないかと思います。お葬式で故人様が仲良くしていた人に話しを聞くと、多くの故人様を慕う人たちに色んな話を聞くことでしょう。そういったことで自分の知らなかったことを聞けたりします。その時間を必要とする人も居るでしょうし必要としない人も居ます。きちんとお葬式をあげることで自分自身の気持ちに整理がついたり、
お葬式で集まったことで家族や親族でつながりが強くなったり、こういったことで命のはかなさや命の重さを学ぶこともあると思います。こういった意味ではお葬式の意味は本当にそれぞれです。日本の人は世界でも優しい人、まじめな人と思われていますが、こういった葬儀での文化も見られて言われていることもあると思います。こういった日本人の宗教観が文化のマナーとして出ているのかもしれません。どんどん社会的宗教観が失われていくとこういった日本人のよさがなくなってしまうのではないかと 不安になる面もあります。

香典袋の種類と違いについて

お葬式に出席する場合、必ず用意しなければいけないものは香典袋です。ですがこの香典袋には御香典、御霊前、御仏前と3種類存在します。一体これらの違いはなんなのかと疑問に思う人も多い事でしょう。
御香典とは故人へ備える花や線香代などのお供え物を意味します。同じく、御霊前は霊となった故人への金品の供え物。御仏前は成仏し仏様となった故人への金品の供え物をそれぞれ意味します。また御香典は御霊前と御仏前も含んだ包括的な言い方でもあります。このように、3つの香典袋は広域的にはほぼ同じ意味なのですが、宗教や宗派によって使い分けるようになっています。
仏教では、葬儀の際は御霊前を使い、四十九日法要を過ぎ、故人が仏様となった後には御仏前を使用するのが一般的です。ですがこれには例外もあり、浄土真宗などの真宗では、人は亡くなったらすぐに成仏し、仏様になるという教えがある為、葬儀の時から御仏前を使用します。
神道では、そもそも成仏して仏様になるという概念ではないので、御仏前は使いません。神道の場合は御霊前を使用するといいでしょう。ですが蓮の花は仏教の思想に基づくものなので、蓮の花が印刷されている物の使用は避けましょう。
ですが、他所の家の宗教・宗派がどこなのか分からない場合も多いと思います。その場合は御霊前にも御仏前にも使える御香典を使うのが無難です。
厳粛な葬儀の席で失礼がないよう、葬儀の1つのマナーとして香典袋についての知識も覚えておくといいでしょう。

最近、注目の家族葬について

時代の流れと共にお葬式のスタイルにも変化が出てきています。
以前なら、会社関係や近所、知人などの大勢の人と一緒に故人をおみおくりするスタイルが主流でしたが、最近では、個人のごく親しい人達だけでおみおくりする「家族葬」が注目されています。
家族葬のメリットは、様々ですが、一番大きいのは、故人との最期の時間を大切に過ごせることです。
通常の葬式のスタイルですと、どうしても、喪主や家族の方は、参列される方や、近所の方への配慮や対応で慌ただしくなりがちです。
しかし、家族葬なら、身内やごく親しい人の見ですので、こういった気遣いをすることなくゆっくりとした時を過ごすことが出来ます。
他にも、費用面での削減があります。
少人数でのお葬式になるため、お料理や返礼品などのおもてなし費用が軽減できます。
斎場に関しても、小規模な会場を使用するので経済的です。
総合的に見ても、一般的なお葬式に比べ3分の1程度の出費に抑えることが出来ます。
しかし、デメリットもあります。
後から、事情を知った弔問客が線香だけでもあげたいと自宅を訪ねてくることもあるからです。
こういった方々の対応に追われることは致し方ありません。
ですが、近年では家族葬は「新しい葬式」の形として定着しつつあります。